眠れない夜にはアモバン!貴方を優しく眠りへと誘う睡眠薬

眠れない夜にはアモバン!貴方を優しく眠りへと誘う睡眠薬

睡眠薬の分類

睡眠薬とは、催眠薬や睡眠導入剤として同じもので、多く種類がありますが乱用する危険性がある薬になる為、国際条約の中では多くが危険薬物に該当している事もあり、本剤の化学構造上、五つに分類されオレキシン受容体拮抗薬、ベンゾジアゼピン、非ベンゾジアゼピン、抗ヒスタミン、バルビツール酸があり、オレキシンと抗ヒスタミンを除く三種はGABA受容体に作用する睡眠薬となり薬剤間では効果を高め合う相加作用を持つとされます。

同じ睡眠薬という分類でも作用を持続させる時間が異なり、さらに超短時間型、短時間型、中時間型、長時間型に細分化する事ができ、一言で不眠症といっても四つの症状に分ける事が出来るので投与者本人の状態により使い分けれています。

GABA受容体に作用する日常生活の嗜好品であるアルコール類は本剤と併用してしまう事で双方で作用を強め合ってしまうので危険性が増し、特に効き目が強いとされる薬との併用は呼吸を抑制する事に繋がり死に至る危険性もあるので本剤を投与するのであれば控える必要があります。

この他にも抗てんかん薬にも同じ事が言え、併用は禁止されており、また本剤は常用する事で効き目が弱まり体に耐性が生じる事で多くの方が数週間続けて投与を行った際には効果がなくなり多剤大量投与となりがちです。

長期期間あるいは高い用量での投与を繰り返した場合には副作用の一つである離脱症状を生じさせるので、急に断薬する事は推奨されず、起こしやすい分類としてベンゾジアゼピン系とバルビツール系があり致命的となる発作を起こす事で入院を要してしまう事もあるので取扱には慎重でなくてはなりません。

また同類の中で比較的安全面が高いとされるのが非ベンゾジアゼピン系のアモバンやゾピクロンになり、寝付きが悪くなる入眠障害や一時的な不眠に対しての適応があり治療の第一選択として用いられる事が多く、アモバンやゾピクロンは超短時間型となるので半減期も短く、翌日体の中に薬が残りにくいので翌朝に不快感や眠気を感じてしまう事が少ないとされますが、反対に夜中に目が覚めてしまう中途覚醒や熟眠障害にはアモバンやゾピクロンは適さないので留意して下さい。