眠れない夜にはアモバン!貴方を優しく眠りへと誘う睡眠薬

眠れない夜にはアモバン!貴方を優しく眠りへと誘う睡眠薬

不眠症について

必要に応じて眠りに付く事やあるいは眠り続ける事が出来ないとされる不眠症とは、それを持続する事で寝不足を招き時に苦痛と感じ又、生活において必要な領域となる社会や職業またはその周囲の生活環境への機能に障害を及ぼす事があれば精神障害の一種として考える事も出来る疾患であり、また睡眠においての質が悪い事も含み、一般的には起床している際にも機能に障害を及ぼしていると考えられそれを特に顕著に示すのが高齢者と言われています。
寝不足は多くの事に影響する事からしばしば睡眠導入剤等を用いる事がありますが、常用しない範囲での投与は役立ち有効性が高いとされますが、定期的あるいは長期的に用いる事は薬物に対しての依存症を招く事や乱用に繋がるとされ、状況に応じては認知行動療法という心理的な治療を用いる事により薬剤と同様の有効性がありその効果には持続力があると研究により分かっています。
また不眠症の要因は原発性、二次性、併存するの三つに分類する事ができ、原発性は医学あるいは精神医学、環境的な要因にも原因を持たない事であり、また二次性は体へ起こる何かしらの疾患、精神的な障害、薬物による影響が挙げられ、併存するとは例えば鬱病の身体的な症状である中に睡眠障害が含まれています。
薬物を原因とする際に最も多いのがカフェインとなり、それ以外には治療に必要な為に内服する処方された薬剤や娯楽に用いる薬剤等を挙げる事が出来ます。
また症状は四つあり、「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟眠障害」とする事ができ、眠りに付きにくい、夜中に目が覚めてしまう、予定する起床時間よりも明らかに早い時間での起床、十分な睡眠時間を取れているにも関わらず日中に眠気に襲われるとなり、これらの症状により薬物療法に頼る際には作用時間の異なる薬剤を用いる事となり、寝付きの悪い入眠障害を例にとると寝付きまでの作用時間で良いので超短時間型の睡眠導入剤の投与となります。