眠れない夜にはアモバン!貴方を優しく眠りへと誘う睡眠薬

眠れない夜にはアモバン!貴方を優しく眠りへと誘う睡眠薬

成分のゾピクロン

睡眠薬を服用する際、症状などによって選ぶと思います。
しかし今現在睡眠薬にもたくさんの種類があるのをご存知でしょうか?
まず不眠症には様々なタイプがあり、中々寝付けにくい人や、寝つけても途中で覚醒してしまう人、全く寝付けない人なのタイプに分かれます。
うつ症状や精神的に悩み事が多いとになどが不眠症になりがちですが、やはり慢性的に不眠症になってしまうと睡眠薬に頼ることが一番だと考えられています。
睡眠薬を服用する事に抵抗がある方も多いですが、体調を崩したり日常生活に支障をきたしてしまう場合は、薬に頼ることも大事となります。
もし入眠に問題があるのであれば超短時間型の睡眠薬がお勧めです。
作用によって4種類に分けられるのですが、まず超短時間型、そして短時間型、中時間型、長時間型になります。
超短時間型は血中濃度の半減期が2時間から4時間と早く効き、そして早く抜けるという事です。
薬が抜けるのが早いので、次の日に持ち越すこともなくスッキリとおきられるでしょう。
その超短時間型の中で歴史も古く代表的なのがアモバンです。
有効成分はゾピクロンで非ベンゾジアゼピン系に分類されています。
1989年に発売されるようになり、瞬く間に多くの人が愛用するようになりました。
大きな特徴として、先ほども説明した通り、ゾピクロンは効果が早くそして薬が抜けるのも早いという所です。
もし途中で覚醒してしまって寝れなくなるという方にはアモバンは向いてはいないでしょう。
服用してから大体1時間ほどで最高毛中濃度になり、4時間もたてば編元気となります。
即効性を期待しているのであればゾピクロンを主成分としたアモバンが最適と言えます。
しかしこの睡眠薬にも最大の弱点があり、それは大変苦いという事です。
これはちょっとやそっと苦いのであれば問題ないのですが、本当に苦くて次の日までこの苦さが残るほどと言われています。
胃から苦い成分を感じるほど苦いので、初めて服用する人はびっくりするかもしれません。
そして服用するときの注意ですが即効性が期待できるので服用後はなるべく早く、入眠準備に入りましょう。
ふらついてしまったりして転倒などしてしまうと危ないので必ず眠す直前に服用するようにしてください。