眠れない夜にはアモバン!貴方を優しく眠りへと誘う睡眠薬

眠れない夜にはアモバン!貴方を優しく眠りへと誘う睡眠薬

アモバンの睡眠効果

ゾピクロンを主要な成分としたアモバンとは、主に寝付きを良くする為に用いられる睡眠薬であり自然に近い形での眠りを誘う効果により緊張感や不安を和らげほぐす事で気持ちを落ち着かせ脳内で興奮している神経を落ち着かせる事で入眠障害を解消する事が出来ます。
特徴として、非ベンゾジアゼピン系に属する睡眠薬になるので比較的同類の中では安全性も高く、広く用いられる機会をもちまた不眠症の治療に対しては第一選択となり易い薬になり、まずこの系統の薬剤投与からはじまります。
また半減期が短く体内から直ぐに排泄されてしまうので成分が体の中に残る事も少なく、上記でも記載した通り寝付きが悪くなかなか眠りに付けない入眠障害の方が用い、作用が残り翌朝に眠気が残る事や不快感を感じる事も少ないとされ、薬の切れが良いよとされる反面で内服直後や夜間に起床した際に一過性であるものの健忘や意識が朦朧とする事があるので内服してからの車の運転や危険を伴った作業を行う事は思わぬ事故に繋がるので控える必要があります。
安全性は高く正しい用量を守り内服する事で効果的に治療に用いる事ができ、重篤な症状を起こす副作用はまず起こらないと考えられていますが、個人差の出る所となりますが翌朝にふらつきが起こる事や眠気が残る方もおり、また体がだるく倦怠感を感じる事や脱力感が現れる事もあり、特に高齢の方が内服を行う際はこういった事から転倒事故に繋がる事もあるので十分な注意を要します。
一過性の健忘や意識が朦朧とする事は特殊な症例ではあるものの、これに加えて夢遊病が発現するという報告もあり内服後から記憶がなく夜間の起床に対しても覚えていない等の事態を起こす事もあり、仮眠や短時間の睡眠をとる際にはアモバンの内服は控える事を推奨します。
また常用する目的での使用は控える必要があり、多量投与あるいは頻回投与となると体が薬に依存しやすくなり、本剤無しでは睡眠に入る事が出来なくなり無理に本剤の投与を中断する事は反発的な離脱症状を招き、かえって寝付きを悪くしたり苛立ちや不安を感じる様になるので医師の指導の元で用量や投与日数を適宜増減する様にして下さい。